世界遺産「神宿る島」沖ノ島

【 沖ノ島ってどんな所? 

九州本土から約60km離れた玄界灘の真っ只中に浮かぶ周囲4キロメートルの島。

福岡県最北端の地である「沖ノ島」は、2017年に世界文化遺産に登録されました。

古代東アジアと日本の交流が頻繁に行われた4世紀後半〜9世紀末の約500年間

島全体が信仰の対象である「沖ノ島」では、航海の安全と交流の成就を祈っての

古代祭祀の跡があり、国宝「金製指輪」など約8万点の奉献品が手つかずの状態で

発見されたことから「海の正倉院」ともいわれ、宗像大社の私有地としても

厳しく入島・上陸を禁止されています。

 

また、黒潮の支流である対馬海流が当たる為、多種多様な豊かな漁場としても

有名で漁師だけではなく、釣り人やダイバーにも人気のポイントです。

「沖ノ島」ってどんなところ?

福岡でボートダイビング・ダイビングスクールのことならご相談下さい

copyright©2017 JOINT corporation, All Rights Reserved.